寒くなってきたので、ナックルガードを付けました。
Amazonで中華製の1600円くらいのを付けました。

必要な工具:スパナ、モンキー、ドライバー
所要時間:30分くらい
効果:かなり防風でき、手の寒さ対策に有効です
注意する点:
サイドミラーの最上部ナットは逆ネジ
サイドミラーを締める時に、同じサイズのスパナが必要
振動でナットが緩む可能性があるので、装着後にしばらくはスパナを持ち歩いて点検すること

スーパーカブ_エリー号_DSC_0085
正面から
見た目、左側の鋭角が小さいように見えますが、そのとおりです。

スーパーカブ_エリー号_DSC_0084
左側。
カブの左側はクラッチレバーが無いので、ギリギリまでグリップに近づける事が出来ます。結構手の上までくるので、雨もある程度は凌げるかと思います。

スーパーカブ_エリー号_DSC_0083
右側
右側はブレーキレバーがあるので、あまり後ろに下げれません。

ハンドルカバー程に効果はありませんが、無いより随分と効果があります。少し厚めの防寒グローブなら厳冬のツーリング以外では大丈夫だと思います。

ハンドルカバーも一度試しました。確かに暖かく、夏のグローブでも大丈夫なレベルで「すごいなぁ」と思いましたが、一点だけ許容できないことがありました。それは「ヤエー(ライダー同士の挨拶)が、とてもし難い」です。
ヤエーをするのに、カバーから手を出すのは大丈夫ですが、戻す時に「ゴソゴソ」と手探りが必要です。無理ではありませんが、左手が長い時間ハンドルから離れるのは安全性から避けたいです。しかし、そのためにヤエーが出来ないのも寂しいです。
従って、多少の寒さを我慢してもヤエー優先でナックルガードにしました。(・∀・)

カブにパーツを付ける度に思うのですがバイクは常に風との戦いですね。ヘルメットと風防で風の抵抗を減らして疲労を軽減する。ナックルガードとレッグガードで体温低下を防ぐ。
車に比べて何につけて、面倒なバイクですが、それが逆に楽しいのは不思議なものです。人は楽を求めますが、楽だから楽しいとは限らないものなのですね。
(●´ω`●)


※ぽちっとしていただくと更新の励みになります (^^ 
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村